ケンブリッジ便り



 平成11年8月15日から平成11年9月14日まで、イギリスのケンブリッジに滞在します(現在進行形)。全て自費です。
 目的は避暑です(笑)。日本の夏は暑いですからね。秋に論文の〆切を抱えているので涼しいところで執筆しようというわけです。
 もうひとつの目的は、数年後の留学に備えて、語学(英語)に慣れておこうということです。日本大学法学部の留学は、現在一年しか認められませんが、もしいきなり留学へ出かけると単なる語学研修になってしまいます。そうならば、自腹で前倒しに、毎年1ヶ月程度海外へ出かけて生活しておけば、将来の留学が楽になるのではないか。こう考えたのです。
 その目的が達成されるかどうかは今のところわかりませんが、できるだけ努力したいと思います。





 各位
 前略、メールが使えるようになったのでお知らせ致します。
 ここケンブリッジは、日本で紹介されているとおりのきれいな、おとぎ細工のような街です。先日絵葉書をお送りしましたが見ていただけたでしょうか。あの絵葉書どおりの街だと言ったら、お分かりいただけるでしょうか。
 ここで、毎日散策したり、また時にはロンドンに足を伸ばしたりして時を過ごしています。
また、夜は、窓から、庭に咲く芙蓉の花や芝生を眺めながら、パソコンに向かい論文を書いています(今は夜九時くらいまで明るいのです)。


 われながらなんて贅沢に時間を使っているのだろうと思ってしまいます。
 ちなみに私の住んでいるところは、古い古い建物ですが、ケンブリッジ大学の付属のドミトリーだそうです(ただし特定のカレッジには所属していないらしい。)。普通は入れないところのようです。
 こちらでフラットシェアという形の入居条件で、入居しました。つまり、バス・トイレは共同、それ以外は個室です。最初はどうなるかと思いましたが、慣れると居心地がいいです。毎日ベッドメーキングしてくれますし。料金も人に聞いたところでは格安です。


 唯一の難点は、お風呂ですね。こちらのボディソープは、洗い上がりがなんだかぬめぬめしていて(良くいえば「しっとり」)、日本のように肌が「きゅっ」としないのです。まあ贅沢な悩みです。
 また、このドミトリーは市の中心地にあり、ちょっと歩くとスーパーや銀行に行けます。
 アメックスの営業所がすぐ裏にあるので、トラベラーズチェックの換金が楽です(その代わりと言っては何ですが、トラベラーズチェックはそのままでは使えないところが多いです。)。
 ちなみに、今日は、ロンドン在住の駿河台大学教授栗山徳子先生とご一緒にロンドンの裁判所や法律専門書店、法律事務所が密集する街を散策しました。先の本屋では、会社法の法令集も買いました。ロンドンの地下鉄(サブウェイとはいいません。アンダーグラウンドと言います。サブウェイはこちらでは地下道の意味)やダブルデッカーと言われるあの赤いロンドンバスにも乗りました。総じて交通料金は高いです。
 ちなみに、ロンドン(キングズ・クロス駅 ロンドンと言う駅は存在しない)・ケンブリッジ間には快速が多く、中にはノンストップ便もあり、それに乗れば1時間ちょっとです。便も多いです。ガイドブックに書いてあるよりはるかに便利です。
 これからは、ちょくちょくロンドンに出向くつもりです。


 食べ物についてですが、総じてまずいです。また、脂っこすぎます。
 フィッシュアンドチップスも食べましたが、脂っこくて、また、量が半端でなく大きくて(わらじサイズの魚)、胸焼けしてとても食えません。(ちなみにこちらでチップスと言うとフライドポテトの意味。ポテトチップスはクリスプスといいます。)
 結局サンドイッチを買ったりして食べています。
 日本食は、寿司がありますがとても高いです。パックの寿司よりまずい寿司が、コンビニの寿司のサイズで10ポンドです。高いったらありません。


 英語についてですが、ボディランゲージで何とかやっています。それにしても英国流英語には戸惑います。
 持ち帰りは、テイクアウト(take-out)でなく、テイクアウェイ(take away)
 ごみはガーベージ(garbage)でなく、ラビッシュ(rubbish)
 ごみ箱はトラッシュカン(trash)でなく、リター(litter)
 片道(切符)は、ワンウェイ(one−way)でなく、シングル(single)
 地下鉄はサブウェイでなく、アンダーグラウンド(underground)またはチューブ(tube)
 水は、スティル(still)と言わないと炭酸水が出てきます。
 海老はシュリンプ(shrimp)でなく、プラウン(prawn)
 ポテトチップスは、チップス(chips)でなく、クリスプス(crisps)という具合です。
 でも余り巻き舌がないので、心持ち聞きやすいです。
 ケンブリッジでは、コンビニで日経新聞が買えますが、とても高いです。3ポンド位します。(なぜかコンビニはインド人が経営していることが多いです。)


 そうそう。この前、広場で飯を食っていたら、去年法学を教えた学生に声をかけられびっくりしました。一緒に飯を食いました。本部の研修旅行だそうです。
 ひょんな出会いもあるものです。
 今後の予定ですが、ストラトフォード・アポン・エイヴォン(Stradford-upon-Avon)へ行き、Shakespeare劇を見る予定です。

 ケンブリッジはもう寒いですが、日本はまだまだ暑いでしょうね。
 お体に気をつけてください。
 それでは、失礼致します。